スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
つわり:中医学(東洋医学)ふまえて
 「初めてのたまごクラブ」春号の「つわり特集」について
以前、取材をしていただいて、現在、その内容の校正をしているのですが、

なかなかねぇ。東洋医学的見地での一般向け説明が難しい^^;

東洋医学なひとことで、つわりは「胃の気の上逆」なんだけど、
「なんで上逆するか」を説明しないといけない。

肝経がぁ、任脈がぁ、衝脈がぁ、三焦経が、心包経が、
なんて言ったら、余計わからないですよね^^;

まして、たくさんの妊婦さんがバイブルのように読まれる「たまひよ」ですから、
どんな方でもわかりやすいように、表現しないといけない。

ということで。

つわりについて、中医理論を含め、再勉強です。
(自分への記録も含め、あとで整理するために、記します。)

☆〜☆〜☆
(2010.2.15追記)
文字数の関係もあり、編集者さんが以下にまとめてくれました。

---ここから---

::なぜつわりはおこるの?東洋医学から

『胃のエネルギー停滞説』
 
「気」と「血」の不足により、胃の気が停滞するため
 
東洋医学では、妊娠すると赤ちゃんに、気(流れとなるパワー)、血(潤いと栄養分)がとられ、母体内の「気」と「血」が不足すると考えられている。運搬機能のある「気」が不足することで、/紊反べ物が胃で停滞し吐きけとなる。◆峙ぁ廚領れが阻害され、胃の気が下におりることができず嘔吐になると言われている。

---ここまで---

☆〜☆〜☆

以下は、自分の知識のまとめで記しておきます。
-----
つわりは、
妊娠初期に吐き気やひどい時には嘔吐をしてしまう症状です。

また、妊娠検査薬でも有名な hcg(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の
急激なあがりの影響を母体がうけ、
胃腸症状だけでなく、偏頭痛、眠気、倦怠感なども起こりやすくなります。

(私がつわりの妊婦さんに説明する場合、
着床したばかりの赤ちゃんに気(育つパワー)を送りたいから、
子宮にそれを優先しようということで、
内臓や血管の平滑筋がゆるみがちになって、だらりとするから、
そんなような症状が出るよ。と説明します。)

hcgは、妊娠を維持する黄体ホルモンの縮退をふせぐ作用があります。
(だから体温はあがったままだし、子宮内膜もやわらかく血行アップしている。)

つわりは、重い軽いの程度の差はあれど、妊婦の約80%程度が体験するそうです。

おおよそ、胎児心拍を確認できるころ
妊娠7〜8週に症状が出てくる方が多く(臨床でそう感じます)
ピークは、9〜10週くらい。
胎盤の出来上がる妊娠12〜16週ころに自然に消失するものをいいます。
(このころ黄体が卵巣由来だったのが、胎盤由来に代わるそうです。
そのため、胎盤の出来上がるいわゆる安定期に、妊娠発覚からあがっていた体温が
平熱の範囲に戻りますし、同時に体調もあがってきます。)


hcgのあがりのグラフをみると
つわりの症状の出現時期、ピーク、
胎盤由来へ切り替わり症状が
落ち着く時期が見えてくるかと思います。








また、出現・症状の軽くなる週数もあくまでも目安で、個人差も大きいのも特徴の一つです。

◆「つわり」と「悪阻」の違いは?
「つわり」:吐き気、嘔吐などの症状が軽度のもの。
「悪阻」:栄養障害と代謝障害 を伴う重症のもの。
-----
嘔吐が激しく、食事と水分がとれていない場合、
元々母体がもっている脂肪を分解して、エネルギーを作り出します。

すると尿中に「ケトン体」というものが出てきます。
これは、(アロマテラピーで勉強しましたけど、)神経毒性のある物質です。

(・・・私も妊娠中、一時「+++」とか出ちゃいましたけど^^;)
-----
今までで、つわりで3か月入院してて、3か月口から物を食べていない
(頚から経管で栄養を送っている様子でした)妊婦さんの実母さんからの依頼で
病院の許可をいただいて病棟まで往診に行かせていただいたことがありますが、
その妊婦さんにお会いした時の様子、廃人寸前な状況は忘れられません。

ガリガリにお痩せになって、精神的にダウンした状況で、
作務衣のような患者着がはだけて、お胸が見えていてもあまり気にならない様子。

「悪阻」の怖さを知りました。

でも、赤ちゃんはしっかり大きくなってましたよ^^
お母さんがやつれていても、赤ちゃんは生きる元気をもちあわせているんです。
-----

つわりがひどく場合、体重減少が週1kg以上減ってしまうとか、
お小水が一日出てないとか、なったら病院で輸液を受けるのも手でしょう。

嘔吐により体内の浸透圧のバランスが崩れてしまっているので
そこを補完していただくだけでも、だいぶ楽になる場合もあります。(私はこれでした。)

☆〜☆〜☆

つわりの原因はわかっていませんが、
ホルモン説、自律神経説、アレルギー説、精神的要因説などが考えられています。

妊娠初期の内分泌や代謝面での急激な変化と、
自律神経のトラブルに精神的・体質的な因子が絡み合って発症する
母体の適応不全症候群と考えられています。

☆〜☆〜☆

東洋医学では、つわりが母体、胎児に悪影響を起こすことは少ないと考えていますが、
諸症状は改善すべく取り組みます。

つわりの代表的な症状として、嘔吐について。

嘔吐の原因は、
・単純に暴飲暴食の食積:食滞
・冷たい物や味の濃い物の過剰摂取:痰湿
・もともと胃腸が弱い:脾胃虚弱
・ストレスなどによる気の流れの不調:気滞
・・・など。

妊娠期間中はただでさえ、
お腹の赤ちゃんに(流れとなるパワー)・(潤いと栄養)が取られて不足しがちになります。

運搬機能のある「」が少ないと、水と食べ物が胃で停滞し、吐き気となって現れます。

また、胃はもともと水分を好む臓器といわれているので、
潤す働きのある「」が少ない状態では、胃は乾燥し、食べ物を受け付けられなくなる
という状態に陥ります。

妊娠期間中は通常の時とは異なり、今までどおりに身体を動かすことも出来ない状態です。
普段、感じることが出来ないようなストレスも感じます。
それにより「」の流れは阻害され、「胃の 気」は下に下りることが出来ず嘔吐となります。
------

また、これらの症状が進行すると、身体は更なる変化を来たします。

西洋医学的にみていくと、
嘔吐の過剰により代謝障害、電解質異常へと進行。
・・・これを「悪阻」といいます。

東洋医学では、これを
・過剰な陰液の消失
・脾胃の損傷による気血不足
・・・により「気陰両虚」を起こしやすい状況になっている。
(またこれをわかりやすく説明すると時間がかかるので、割愛。)
-------

つわりは、だれにでも起こりえる症状ですが、ひどい場合は栄養障害になりえる症状です。

なるべく胃の気循環をよくし、基本、保温につとめて、
胃部や背部を補温で、ゆるめてあげることがポイントです。

これが一番楽になります。(←経験者は語る。)

& 遠いとこからの問い合わせで、ご家族に補温の方法をお伝えし、
実践していただいただけで、楽になった経験も多々。

そのため、いわゆる つわり緩和や乗り物酔いで有名な「内関」だけじゃ、
あまりその緩和効果は望めません。(←経験者は語る)

また食べれるものを食べられるだけ。
たとえ、嘔吐しようと少量だけでもかまわないと思います。
(当り前ですが、一度にたくさんは厳禁ですよね。)
妊婦| 資料 22:36 -
<< 2/2
北海道函館市 女性のための癒し施術と鍼灸治療
「なちゅら鍼灸院」のお知らせ&つれづれ日記
不妊・マタニティ鍼灸を主体に活動中!高齢出産後、育児に奮闘中!!

Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

NewEntry
Profile
PROFILE
profilephoto

詳細は↑クリック

『なちゅら』こと
はたせ りえこ です。

女性鍼灸師です。
(未妊・妊婦治療を得意としてます)
お産の現場での鍼灸経験も多有。


★第1子男児 2005.9.6生★
第1子を誕生後2時間で
なくしています。(私31歳)
その妊娠出産経験から
お産オタクな鍼灸師へ


★第2子男児 2012.9.14生★
第1子から7年、38歳で出産。
高齢肥満妊婦でPIH(妊娠高血圧)を
経験、散々な出産、
産後高血糖で散々な産後を経験

★第3子男児 2015.11.25生★
ケトジェニックダイエットにて
17kg減、12%体脂肪減してから
41歳で妊娠出産

高齢出産後の育児に奮闘しながら
経営者としてお仕事にも奮闘中!!


【ブログ記事まとめ】
【妊婦編】治療実績メモ
(逆子/予定日超過)

【未妊編】治療実績メモ

▼メッセージはこちらから
メールフォームへ

●開業鍼灸院●
不妊・妊婦鍼灸を中心に活動中!
【なちゅら鍼灸院】
in 北海道函館市
▼ブログ内紹介記事
→こちら
なちゅら鍼灸院 動画ロゴ

▼Facebookページ
いいね♪をぜひ
クリックしてね♪




●全国に妊婦鍼灸の仲間がいます●
安産灸ネットワーク


【取材掲載履歴】
●メディア掲載履歴⇒こちら
●たまひよ掲載ブログ記事⇒こちら
初めてのたまごクラブ
(2010春号)

hatsutama_2010summerjpg.jpg
初めてのたまごクラブ
(2010夏号)

▲取材いただき、東洋医学観点からのつわり解説/緩和養生の原稿執筆をしました。

Category
Archives
Links
Mobile
qrcode
Favorite
Favorite
 (JUGEMレビュー »)

産前産後に骨盤をしめる方法、操体法に困ったらこの一冊!
Favorite
産前・産後のからだ革命―安産とキレイの秘密
産前・産後のからだ革命―安産とキレイの秘密 (JUGEMレビュー »)
吉岡 マコ
産前産後で自分の体を作り変えちゃおう!
Favorite
 (JUGEMレビュー »)

当院でも指導しています。小児はり灸のご家庭養生バージョン!親御さんの手でお子さんを元気にするツボ健康法のご案内です。
Other