スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
妊娠中・授乳時の薬/X線のこと

ある産科院長のひとりごとより

【産科医解体新書】(114)薬やX線に過剰な心配無用


意外と薬やX線は胎児に影響を与えません。
本当に心配される患者さんが多いのですが、
私は薬などより普通に暮らしているその環境ほうが
胎児にとって悪いのではないかと思います。

確かに薬は(見方変えれば)毒ですので飲まない方が良いでしょう。
必要も無いのにX線を浴びる必要はないでしょう。

しかし、必要あれば薬は内服しなければなりませんし、
診断治療する上でX線撮影を必要とすることはあります。

確かに「この薬は安全なので妊婦に投与しても良い」
と書いていることはありません。
これは、人間で実験したことがないからだと思います。

反対に妊娠中に は飲んだらいけない薬があることは確かですが、
中々その薬に出会うことはありません。

手に入りやすい薬で、意外とまずいのは
・胃潰瘍の薬の「サイトテック」
です。
・鎮痛剤の「ボルタレン」「バッファリン」なども
妊娠中後半期には飲まない方が良い薬です。

大丈夫と思っている方が多いのは湿布剤
これは今の製品は 鎮痛剤が直接皮膚から吸収するものがほとんどですので、
鎮痛剤を飲んでいるのと同じ効果になります。

ほかにまずい薬剤は、抗がん剤、ホルモン剤、経口血糖 降下剤、
ワーファリン、C型肝炎治療剤などですが、
そう処方されることはない薬剤です。

授乳に関しても飲める薬は多くあります
ほとんどの薬が「乳汁に移行する」と書いてありますので、
薬を飲むと授乳をやめなさいと指導を受けますが、
ほとんどの薬はその移行量は少なく、
赤ちゃんに影響を及ぼすことは無い薬剤が多いのです。

心配なら、まず産婦人科医にご相談ください。
▼【産科医解体新書】(114)薬やX線に過剰な心配無用 2010.11.23 07:59
妊娠していることに気がつかず、
市販薬を飲んでしまったが大丈夫だろうか、
という相談が多く寄せられます。

患者さんの心配する内容は大きく分けて2つあります。
1つは流産してしまわないか
もう1つは
赤ちゃんに障害が出るのではないか
というものです。

妊娠初期の流産の原因は赤ちゃん自身の要因が多いといわれています。
日本の一般的な薬局で市販されている薬剤の中で
流産やその他の大きな影響があるとされるものは
最近報告されていません


市販薬を数回服用して望まない結果になったとしても、
それが薬の影響と考える必要はないでしょう。

もし同様の薬で次々と流産が報告されるようであれば、
有害事象として既に報告されています。

ですから薬を飲んでしまったことを過度に気にしたり、
自分を責めたりする必要もありません。

また、「妊娠とは知らずに職場の健康診断でX線撮影を
受けてしまったが大丈夫だろうか」という相談もよくあります。
これも現在の医療機器がいかに発達しているかを知れば、
ひとまず安心していただけます。

胸部X線装置やそのフィルムは少ない線量で撮影できるように改善されており、相当の枚数(1千枚単位)の撮影で初めて自然界からの1年間の被曝量と同じになります。

ただ、これは胸部X線装置に限った話で、その他のX線検査では妊娠初期に胎児への影響が出てくる場合もあります
初期の胎児が放射線に対して強い感受性を持っているのは確かです。

胃の透視CTなど十分に主治医と相談したうえで実施する方がよいでしょう。もっとも、もしかしたらこういう機器もどんどん改善されていくかもしれませんが。

妊娠判明後の妊婦さんは主に2つのグループに分かれます。
妊娠していることに無頓着で健診さえ忘れかねないグループ
と、
なんでもかんでも過剰に気にして精神的に疲れてしまうグループ
です。
みなさんはどちらのグループに入りそうですか?
(産科医・ブロガー 田村正明)

妊婦| 資料 11:27 -
スポンサーサイト
- 11:27 -
北海道函館市 女性のための癒し施術と鍼灸治療
「なちゅら鍼灸院」のお知らせ&つれづれ日記
不妊・マタニティ鍼灸を主体に活動中!高齢出産後、育児に奮闘中!!

Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

NewEntry
Profile
PROFILE
profilephoto

詳細は↑クリック

『なちゅら』こと
はたせ りえこ です。

女性鍼灸師です。
(未妊・妊婦治療を得意としてます)
お産の現場での鍼灸経験も多有。


★第1子男児 2005.9.6生★
第1子を誕生後2時間で
なくしています。(私31歳)
その妊娠出産経験から
お産オタクな鍼灸師へ


★第2子男児 2012.9.14生★
第1子から7年、38歳で出産。
高齢肥満妊婦でPIH(妊娠高血圧)を
経験、散々な出産、
産後高血糖で散々な産後を経験

★第3子男児 2015.11.25生★
ケトジェニックダイエットにて
17kg減、12%体脂肪減してから
41歳で妊娠出産

高齢出産後の育児に奮闘しながら
経営者としてお仕事にも奮闘中!!


【ブログ記事まとめ】
【妊婦編】治療実績メモ
(逆子/予定日超過)

【未妊編】治療実績メモ

▼メッセージはこちらから
メールフォームへ

●開業鍼灸院●
不妊・妊婦鍼灸を中心に活動中!
【なちゅら鍼灸院】
in 北海道函館市
▼ブログ内紹介記事
→こちら
なちゅら鍼灸院 動画ロゴ

▼Facebookページ
いいね♪をぜひ
クリックしてね♪




●全国に妊婦鍼灸の仲間がいます●
安産灸ネットワーク


【取材掲載履歴】
●メディア掲載履歴⇒こちら
●たまひよ掲載ブログ記事⇒こちら
初めてのたまごクラブ
(2010春号)

hatsutama_2010summerjpg.jpg
初めてのたまごクラブ
(2010夏号)

▲取材いただき、東洋医学観点からのつわり解説/緩和養生の原稿執筆をしました。

Category
Archives
Links
Mobile
qrcode
Favorite
Favorite
 (JUGEMレビュー »)

産前産後に骨盤をしめる方法、操体法に困ったらこの一冊!
Favorite
産前・産後のからだ革命―安産とキレイの秘密
産前・産後のからだ革命―安産とキレイの秘密 (JUGEMレビュー »)
吉岡 マコ
産前産後で自分の体を作り変えちゃおう!
Favorite
 (JUGEMレビュー »)

当院でも指導しています。小児はり灸のご家庭養生バージョン!親御さんの手でお子さんを元気にするツボ健康法のご案内です。
Other